スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.05.31 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    【レポート】2015年9月6日(日)wato kitchen×竹ノ輪「第2回 重陽の節句の会」

    0
      ・2015年9月23日(水)追記
      昼の部にご参加いただいたマナーレッスン講師の佐藤浩子さんよりお料理の写真を追加しました。ありがとうございます!

      2015年9月6日(日)、調布市にあるwatoさんの新しいアトリエで開催した wato kitchen×竹ノ輪「第2回 重陽の節句の会」の様子を少々。

      なお、2016年1月11日(月祝)には、築地へ移転された新しい八海山さんの多目的ホールをお借りして「第5回 いただきます、七草粥と八海山。」を開催します。

      詳細が決まり次第、Facebookやこちらのブログでご案内しますので今しばらくお待ちください。


      竹ノ輪にとって今回がwatoさんのアトリエでの初イベントとなりました。


      キッチンにはwatoさんお気に入りのステンドグラスが。


      昼の部はランチプレート。
      続きを読む >>

      【イベント】2015年9月12日(土)・13日(日)キモノ里親さがし(根津)

      0
        「キモノ里親さがし」のオフィシャルサイトができました♪
        http://www.takenowa.jp/kimosato/




        2015年9月12日(土)・13日(日)に根津の路地にある大正6年に立てられた元質屋をリノベーションしたギャラリー・マルヒさんにて「キモノ里親さがし」を開催します。




        「キモノ里親さがし」とは、

        キモノとキモノ周りの小物を扱うリサイクルイベント

        です。



        ・仕立てたけれど着る機会がなくなってしまったキモノ
        ・気に入って買ったけれどタンスで眠っているキモノ

        などを、キモノが好き!キモノを着たい!と思っている方へ、お手頃な価格でお譲りします。

        気楽な雰囲気でキモノに触れていただき、気にいったものがあれば里親になってもらえたら嬉しいです。

        紡ぎ、染め、織り…とたくさんの職人さんの手を渡って生まれた着物。
        袖を通してもらうことなく眠ってしまっている状態から、この「キモノ里親さがし」を通じて、新しい里親さんの元で再び活躍してもらいたいと願っています。




        また、一緒に「キモノ里親さがし」を盛り上げてくださる方を募集中!

        「着物、着せられるよ!」
        「着物、仕立てるよ!」
        「着物のコーディネイトが大好き♪」

        などなど、着物回りのことで楽しんでくださる方、大歓迎です!
        まずはお気軽にtakenowa@gmail.comまでお問い合わせください。



        着物で嫌な思いをしませんように。
        楽しく着物に触れていただき、好きになってもらえたら嬉しく思います。

        どうぞ、楽しむ気持ちいっぱいで、お気軽に遊びに来てください。

        皆様のご来場を心よりお待ちしています♪

        (竹ノ輪)


        【イベント】2015年9月6日(日)wato kitchen×竹ノ輪「第2回 重陽の節句の会」

        0
          ※ご参加お申込みは、お申込みフォームよりお願いします。




          2015年9月6日(日)、調布市にあるwatoさんの新しいアトリエで wato kitchen×竹ノ輪「第2回 重陽の節句の会」を開催します。

          2015年も残すところあと僅か。菊に長寿を祈り、秋の収穫に感謝しつつ、watoさんのつくった菊や栗の美味しいお料理を存分にお楽しみください!

          以下、watoさんのコメントです。
          「現代では「重陽の節句」はあまり知られていませんが、みんなで自然の恵に感謝し、ごはんと酒を交わし、健康を願うなんて、とても素敵な風習だなと思います。

          ちなみに私の出身である東北では、いまでもよく菊の花が食卓に登場します。酢の物にしたり、ごはんに混ぜたり、汁物に浮かべたり、、、。いろんな食べ方があるんですよ。

          ナナコロビ君&ヤオキちゃん(七草の節句担当)のお友達、きっくりちゃん&とっくり君も、みなさまのお越しをお待ちしております。

          笑顔が溢れ、ご縁が生まれ、秋にふさわしく実りある日になりますように♪ (wato)」


          最後に、重陽の節句について、少々。

          9月9日は五節句のひとつ、重陽の節句です。起源である中国では、奇数は縁起の良い"陽"の数とされていて、一番大きな奇数である9が重なる日を「重陽」としました。

          日本では、奈良時代に庶民の間で「栗の節句」とも呼ばれ、栗ごはんを炊いて秋の収穫を祝ったり、平安時代には菊の花を日本酒に入れた"菊酒"を飲んで邪気を払い長寿を願う「菊の節句」としての宴が催されるようになったそうです。

          それでは、皆様のお申し込みを心よりお待ちしております♪


          初体験「大阪松竹座」

          0


            先日、大阪と近江でのお仕事に絡めて、初めての大阪松竹座を体験。

            演目は、『絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)』の通し(とおし)。

            出演は、もちろん、松嶋屋(片岡仁左衛門)。

            座席は、1階の中央ブロック、前から6列目。

            あの間口ならば十分に楽しめる位置。

            通しで、口開けっ放しですわ。

            小倉染色図案工房の展示会巡業が終わりました。

            0


              暑いですね〜。
              昼間に比べれば朝は随分と涼しいので、その隙にブログでも。

              ちょこちょことお手伝いしている小倉染色図案工房さんの夏の絵羽きもの展示会巡業が終わりました。

              横浜三溪園さんから始まって、大阪のこころやさん、根津のギャラリーマルヒさん、そして最後は日本橋三越さん。

              今日は、2015年5月21日(木)〜 24日(日)に横浜三渓園で開催した「小倉充子型染展と江戸の芸」の様子を簡単にご紹介。


              watoさんの一関FM「おむすびラヂオ」にお邪魔しました♪(ビール付)

              0
                今夜は、フードコーディネーター&イラストレーターのwatoさんが担当されている一関FM「おむすびラヂオ」で小倉染色図案工房の宣伝をさせていただきました。

                詳細は、watoさんのブログをご覧ください。

                watoのおむすびラヂオ



                放送時間・金曜日 19:30〜20:00
                wato (プロフィール)
                イラストレーター・フードコーディネーター・管理栄養士
                日本フードコーディネーター協会正会員

                雑誌『anan』や J-WAVE『KISS AND HUG』でレシピを紹介中。
                著書に『春夏秋冬ごはん帖』(ヴィレッジブックス)、
                『リトルギフト』(サンクチュアリ出版)など。


                なお、私が喋り過ぎて曲紹介が一切できなかったので、ここで簡単に楽曲の紹介を。

                1曲目は、小倉さんが大好きな柳亭市馬師匠の『俵星玄蕃』。これは私も、三波春夫先生バージョンをカラオケで熱唱するほど大好きな曲であります。

                2曲目も、小倉さんが大好きなさだまさしさんの『春告鳥』でした。

                次に出演させていただくことがあったら、どんな曲を掛けていただこうか今から楽しみなのであります♪w


                そして、今日、聴き逃してしまった方!
                岩手県・大船渡FMねまらいんでもお聴きいただけます!

                ◆岩手県・大船渡FMねまらいん
                毎週月曜 13:30〜13:55
                (再)毎週土曜 14:30〜14:55

                番組表で、「watoのおむすびラヂオ」をチェックしてください!!

                インターネットでも配信中。
                Macでも問題なし。

                ↓赤丸部分のバナーをクリック!



                スタジオクゥの新刊予約スタート!『おひとり様のふたり暮らし(コミックエッセイの森)』

                0


                  2012年に『召しませキモノ』で小倉染色図案工房をご紹介いただいたスタジオクゥさんの新刊予約が始まりましたー!


                  その名も…

                  『おひとり様のふたり暮らし』

                  です!


                  以下、抜粋。
                  「どっちかが結婚する時は解散ってことで」
                  ----と、なんとなく始めた女ふたりのルームシェア。
                  気がつけばお互い不惑を過ぎ、結婚どころか老後のことが気になるように。
                  とはいえふたりでいると、淋しくはないわけで…。
                  そんな、おひとり様どうし&友だちどうしの気ままな生活がここにあります。
                  ひとりの未来がちょっと不安な方、こんな暮らし、いかがですか?



                  こちらの第一話から第四話までをMATOGROSSO

                  おひとり様のふたり暮らし(コミックエッセイの森) スタジオクゥ うにさ&ひよさ

                  で読むことができますので、ちょっと立ち読みしてみてください。

                  コミックエッセイとして、とても面白いので、男性も是非是非。

                  リズムがいいのよねぇ〜。



                  ご予約はAmazonで。




                  ちなみに、小倉染色図案工房では、ひとまず5冊ほど予約しましたわ。うふふ。


                  『召しませキモノ』も、どうぞよろしく♪


                  2015年7月5日(日)〜27日(月)歌舞伎『阿弖流為』(アテルイ)(新橋演舞場)

                  0


                    劇団☆新感線未体験の私。

                    先にこちらで体験することになりました。

                    歌舞伎『阿弖流為』(アテルイ)

                    市川染五郎と劇団☆新感線のコラボ企画第2弾とのこと。

                    歌舞伎未体験の方でも、きっと取っ付き易いのではないかしら?

                    高麗屋の脇を固めるのは、中村勘九郎と七之助の我らが中村屋兄弟!

                    この3人組の舞台を初めて観たは、2006年3月に三谷幸喜が初めて歌舞伎を手掛けたPARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』と思ったら、七之助ではなくて亀治郎(現・猿之助)でした…。記憶とは、いい加減なものですな。



                    しかし、三谷さん、また書いてくれないかしら。『決闘!高田馬場』とても面白かった記憶あり。

                    さて、歌舞伎『阿弖流為』(アテルイ)は今年7月の公演。
                    その翌月の8月には、歌舞伎座で納涼歌舞伎があるはず。

                    納涼歌舞伎は、中村屋ですから、竹ノ輪で観劇会の開催を予定しております。
                    こちらは詳細が決まり次第、タケノワノブログやFacebookでご案内させていただきます。

                    もし周りに、歌舞伎に興味はあるけれど観る機会がないと言っている方がいらしたら声掛け合って、どうぞお気軽にご参加ください!

                    歌舞伎『阿弖流為』(アテルイ)
                    歌舞伎美人 公演情報
                    PARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』公開舞台稽古

                    【出演情報】2015年5月2日(土)〜26日(火)「團菊祭五月大歌舞伎」 長唄三味線方 三代目 柏要二郎

                    0


                      2015年5月2日(土)〜26日(火)に歌舞伎座で上演される「團菊祭五月大歌舞伎」に、長唄三味線方 三代目 柏要二郎さんがご出演されます。

                      昼の部の「天一坊大岡政談(てんいちぼうおおおかせいだん)」は、2013年コクーン歌舞伎で上演された「天日坊」の元のお話。「天一坊事件」は、講談で盛んに読まれていたらしい。それを元に(間に幾つかある)黙阿弥が脚色したとのこと。

                      夜の部では、平成中村座でも上演されたばかりの「神明恵和合取組 め組の喧嘩」が上演されます。中村座でご覧になられた方は比較して楽しむのも面白いかと。

                      各演目のあらすじやみどころは歌舞伎美人さんをご覧ください。

                      さて、本題。

                      柏要二郎さんのご出演演目と日程は下記のとおりです。

                      柏要二郎さんのプロフィールは「続きを読む >>」をクリック。


                      ■出演演目

                      <夜の部> 二幕目
                      歌舞伎十八番の内 「蛇柳」(じゃやなぎ)
                      【出囃子】

                      <夜の部> 三幕目
                      神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)
                      め組の喧嘩(めぐみのけんか)
                      【黒御簾】

                      ■出演日程
                      2015年5月
                      2日(土)、3日(日)、5日(火)〜15日(金)
                      18日(月)、19日(火)、24日(日)、25日(月)

                      ご来場を心よりお待ちしております。

                      長唄三味線方 三代目 柏要二郎
                      歌舞伎美人 公演情報 團菊祭五月大歌舞伎


                      映画『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』を映画館で観た方がいい6つの理由

                      0


                        2015年5月9日(土)に全国公開される映画『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』のジャパンプレミアに参加したところ、予想外に感動。

                        日が替わっても興奮がおさまらず。
                        未だに頭の中で江戸がグルグル回っております。

                        これは映画館で観てた方がいい作品だと思いましたので、
                        勝手ながら、その理由を6つほど挙げてみました。

                        自宅に映画館並みのホームシアターがある人は別にして、
                        そうでないほとんどの人の参考になれば。


                        と、その前に。

                        私と杉浦日向子作品との出会いはつい最近であります。
                        最近も最近、この映画の上映が告知されたから。

                        まず、小倉充子に「これは必読書だ!読め!」と『二つ枕』を薦められ衝撃を受けまして。その衝撃が冷めないうちに『百日紅』の上下巻を貪り読んでいたら(小倉充子が、日向子さんのほとんどの漫画を持っており工房に置いてある)、またもや小倉充子から「『百日紅』の息抜きにこれを読め!」と『とんでもねぇ野郎』を渡されました。

                        たいそう真面目な私は、その両作品を同時進行で読んでいたところ、『とんでもねぇ野郎』も楽しくて面白くて、ちっとも息抜きにならなくて、危うくあっちの世界から戻れなくなりそうに。

                        小倉充子ぐらいの人ならば、あっちへ行ったり、こっちへ戻って来たりと自在だろうが、私ぐらいだとそうは簡単に行ったり来たりできないのですよ…。

                        あの人とは体力から何から構造が違うのですから、気を抜いて真似をすると危ない目に遭うのです。気をつけねば。

                        自宅にもエッセイが沢山あるので、他の漫画作品と合わせて、順次読破予定。
                        現在『百物語』に取り掛かり中。

                        さて、本題。

                        ■作品鑑賞環境
                        2015年4月下旬 ジャパンプレミア 監督、キャストの登壇あり
                        TOHOシネマズ日本橋(東京・日本橋)
                        7番スクリーン
                        C列(3列目) ほぼ中央付近
                        招待のため、お足は払っておりません。

                        監督の作品は、恐らく初めて観る。
                        と思ったら嘘。
                        『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦』を観て泣いてた。
                        河童のなんちゃらは観てない。観たのはアッパレ!だけ。
                        木下恵介監督好きだし、加瀬亮だから『はじまりのみち』は録画済み。
                        監督はノーマークでした…。
                        まだ観てないので、近々。

                        杉浦日向子さんの漫画好き。エッセイはこれから。

                        椎名林檎さん、デビュー当時から好き。
                        勘三郎さんにハマる前から好きだったので、
                        コクーンの三人吉三は嬉しかった。
                        この前の石川さゆりとのコラボは一時期ヘビロテ。
                        久しぶりにCDを買ったほど。

                        Production I.G.好き。
                        というか、神山監督が好き。
                        特にTVシリーズの攻殻機動隊が好き。
                        攻殻機動隊は、そもそも原作ファン。


                        そんな環境で、

                        そんな人間がまとめた


                        映画『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』を映画館で観た方がいい6つの理由




                        1)本編が断然いい!

                        正直、私は、この予告編を見て「観たい!」とは思わなかったのです。
                        椎名林檎の主題歌が入る前の予告編を見たから余計そうだったのかも知れませんが。
                        しかし、予告編を数十秒見ただけで、映画館へ行くのを諦めるのは勿体無い!

                        続きを読む >>


                        PR

                        search this site.

                        selected entries

                        categories

                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>

                        archives

                        recent comment

                        • 【ネタバレ注意】「隠れ勘三郎」大阪平成中村座 十八代目の目は何処
                          Namie
                        • 【ネタバレ注意】「隠れ勘三郎」大阪平成中村座 十八代目の目は何処
                          くま
                        • 【ネタバレ注意】「隠れ勘三郎」大阪平成中村座 十八代目の目は何処
                          momota
                        • 【ネタバレ注意】「隠れ勘三郎」大阪平成中村座 十八代目の目は何処
                          TAKE
                        • 【ネタバレ注意】「隠れ勘三郎」大阪平成中村座 十八代目の目は何処
                          ななほ
                        • 【ネタバレ注意】「隠れ勘三郎」大阪平成中村座 十八代目の目は何処
                          sakiko
                        • 【ネタバレ注意】「隠れ勘三郎」大阪平成中村座 十八代目の目は何処
                          TAKE
                        • 【ネタバレ注意】「隠れ勘三郎」大阪平成中村座 十八代目の目は何処
                          Namie
                        • 【ネタバレ注意】「隠れ勘三郎」大阪平成中村座 十八代目の目は何処
                          TAKE
                        • 【ネタバレ注意】「隠れ勘三郎」大阪平成中村座 十八代目の目は何処
                          sakiko(さきこ)

                        links

                        profile

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        みんなのブログポータル JUGEM